出会うためのテクニック

テクニックどのような事柄であれ、努力は経験という形で還元されます。それは出会いアプリと、出会いに関しても同じです。
今回は、入門的な『出会いテクニック』を解説します。入門的かつ王道の攻略法なので、どのようなターゲットにもそれなりの効果を発揮します。

1.ターゲット選別
まずは、ターゲットたる異性会員を決定しましょう。ターゲット選別に利用するのは、お馴染み『検索機能』です。
出会いアプリによっては、かなり細かく検索条件を指定できます。しかし、あまりにも細かく指定すると、検索結果が限られる=出会いの幅が狭まるのでご注意ください。この場合は、大雑把な検索→徐々に指定条件を増やす方法がお勧めです。
出会いの可能性を少しでも上げたい場合は、近場かつ、あなたの年齢+−5歳前後を指定しましょう。互いに近い存在であれば、必要以上に警戒心を抱かれることがないからです。

2.ファーストメールを送信する
出会い成功のカギは、このファーストメールに隠されています。返信を貰えなければ交流をスタートさせることが出来ません。また返信を貰えたとしても、ファーストメールで“良い印象”を与えられなくては、長続きしません。いかに返信を促し、良い印象を与えるか。この2点が要です。
返信を促す手段は多々ありますが、おすすめは相手の興味を刺激するものです。例えば、趣味に関する話題。知っている・興味あることであれば自然と会話は生まれますし、次に繋げることも容易です。相手がどんな趣味であるかは、プロフィールページで知ることが出来ます。なかには閲覧が有料という出会いアプリもありますが、たった数十円で返信率をUP出来るのです。先行投資だと思いましょう。
良い印象の与え方も、これまた多々あります。しかし、何れの場合も外せないものがあります。挨拶と、目的の説明です。
挨拶は、本文の前後に必ず挿入しましょう。短い一言でも、人柄を大幅にUP出来ます。目的の説明は、出来るだけ具体的に。この人は何故メールを送ってきたのか?がわかるようにします。

3.継続的なメール交流
ファーストメールに返信を貰えたら、すかさずメール交換を開始しましょう。どれくらいのペースで送受信を行うかは、相手の生活リズムから計ります。
自由時間が多い相手であれば、日に何通送信しても問題はありません。リレーを途切れさせないよう、適度な感覚で送受信を行いましょう。逆に、自由時間が少ない相手であれば、決まった時間にのみ送受信を。相手に負担を感じさせないことが、継続的なメール交流の必須条件です。
継続的なメール交流があれば、デートは自ずと発生します。唐突に誘うと警戒されるので、こちらから切り出す場合は、それなりに時間を掛けて伝えましょう。デートに関する話題を与えつつ、多少焦らしてから切り出すのがポイントです。

登録前にチェックすること

チェック何かと悪い噂も多い『出会アプリ』。利用はしてみたいが何だか怖い・・・と、登録を先延ばしにしている初心者もいることでしょう。
出会アプリを利用する際に気を付けるべきは、3点。サイトの料金システムと、サクラの有無、そして会員数です。

◎料金システム
出会アプリには、完全無料・前払・定額3種類の料金システムが存在します。
*完全無料/登録〜退会はもちろん、どの機能をどれだけ利用しても0円です。もちろん通信費は掛かりますが、初期投資は一切必要ないので初心者に向いています。
*前払制/事前にポイントを購入し、それを消費する形で機能を利用します。少額から利用出来ますが、利用すればするほど高額に・・・。継続的に利用する予定であるなら、下記定額制をお勧めします。
*定額制/月額2,000円〜5,000円で、使いたい放題というタイプです。利用頻度が低いと元が取れませんが、継続的に利用するのであれば外せない選択肢です。

◎サクラの有無
サクラの目的は、一に金銭、二に個人情報です。何れの場合も接触方法は似ており、“その気有り”の態度で接してきます。
妙に馴れ馴れしい・あからさまに性行為を匂わせるメールには、十分に警戒して下さい。美味しいメールには、必ず裏が存在します。

◎会員数
無料サイトであれ有料サイトであれ、会員数が少なければ、それだけ出会いは遠のきます。また公表されている会員数が、必ずしも実数であるとは限りません。なかなか出会いを得られない・・・という場合は、思い切って鞍替えしたほうが賢明です。

恋人を見事ゲットした方法とは!?

恋人私は現在、無料出会い系の恋人募集掲示板で出会った女性とお付き合いをしています。
今までずっと良い縁がない日々を送ってきましたが、このサイトで余裕を持ち異性を検索
出来た事により、凄く自分に合っていると思える女性と出会えたんです。

当然、僕が選んだというのではなく、彼女に選んでもらった事を喜んでいるのですが、
私も結構頑張ったんです。そんな私の頑張りについて今日はお話するので、皆さんのサイ
トライフに役立ててもらえたらいいなと思います。
ですが、この方法が必ずしも成功するという事ではありません。たまたま私が成功した
だけの事かもしれません。ですが、様々な攻略サイト等を参考にした私が成功例となるので、少しは役立つでしょう。

初めにした事は、『サイト選び』。私は恋人を作りたいので、同じく恋人を募集する人
が多い所を見つけ入会しました。同じ目的を持つ人が少ない所だと目的を達成するのは困
難ですからね。それからメール作成する上で特に役に立ったものは『上手な問いかけ』で
すね。

この事はネットで検索している間に発見したのですが、異性へ送信するメールには必ず
質問を入れておくという事です。これにより、相手の人も返事を返しやすい心理になると
いう技で、結構効果的でしたね。
初めは、女性へいっぱい聞きたい事があったのですが、これはダメな行為と私は知って
いましたから、私について話類似した質問を相手に問いかけるという技を実行してみたの
です。ですから皆さんにもこの技を一度試して欲しいと思います。

ハンドルネームで人目を引く

ハンドネーム出会い系であれSNSであれ、ユーザーは『ハンドルネーム』を設定して交流しますよね。海外では本名を使った交流が盛んですが、匿名大好き!という日本人が、そうなることはまずないでしょう。
特に、最近は個性的な本名をした人が増えており、一発で身バレしかねませんからね。

さて、このハンドルネーム。
意外なほど強力な『アピール』になるって知っていますか?ウェブサイトにおいてハンドルネームは、個人の特徴を凝縮した存在ともえいます。実際、ハンドルネームから「優しそうな人」「気が強そうな人」「ちょっとよくわからない人」・・・なんて印象を受けますよね。この印象はかなり深く刻まれるため、矯正することは困難です。

以上のことから、ハンドルネームは『好印象を与えられるか?』を重点に決定することをお勧めします。好印象を与えられるハンドルネームとは、全体的な響きもそうですが、短く・覚えやすいことが必須条件です。ハンドルネームそのものが相手に負担を掛けるようでは、今後が思いやられます。
良いハンドルネームが決まったら、次はプロフィールページの設定です。いくら出会いが欲しくとも、いかにもな“構ってちゃん”になってはいけません。構ってちゃんは世間から『総じて地雷』―と認識されているため、交流を得るどころか、逆に遠ざけてしまうのです。

熟年だって出会いが欲しい

熟年何かと豊かになった日本。平均寿命は伸びに伸び、元気な熟年層が増えています。とはいえ、ひとりで何かするのは寂しいもの。故に、色々な『パートナー』を求めている熟年層も珍しくありません。
マイナーな趣味やスポーツであれば、地域のサークルに参加することでパートナーを得られるでしょう。
しかし、恋人や結婚相手を得る場所としての機能は期待できません。

熟年層といえば、大半の人が結婚をしていますからね。パートナーを探そうにも、周りは既婚者だらけ・・・というわけです。
そこで役立つのが、インターネットサービスの一つ『出会いアプリ』です。
若者の遊び場という印象が強い出会いアプリですが、その限りではありません。

昨今では、出会いを渇望する熟年層に対応すべく、会員に年齢制限を設けるところが増えています。
登録は非常に簡単で、初歩的なパソコン操作が出来れば問題ありません。また一部有料サイトを除き、書類の郵送などの手間もかかりません。登録も利用も、自宅から出ることなく行えるのです。

手間以外のメリットとしては、『利用を誰にも知られない』点をあげることが出来ます。
出会いアプリは匿名(ハンドルネーム)でのやり取りが基本のため、自ら素性を明かさない限り、何処の誰か、相手に知れることはありません。結婚相談所は、この辺りがネックですからね。結婚相手であれ趣味仲間であれ、こっそり探したい場合は出会いアプリをお勧めします。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.